シトリン

シトリン

太陽のように育む石

黄金色を澄んだ水に溶かしたような輝き、シトリン。
シトリンは開運、財運があり、昔から商売繁盛のお守りとして重宝がられてきました。

シトリンには太陽のように、活気がありいろいろなものを育むパワーがあります。

・富の象徴である「お金を育む」
シトリンは働く方の強い味方です。
正当なお金は成長します。
誰かを悲しませる不正なお金は歪みがでます。
シトリンを身に着けると、勤勉に働くことの恩恵は、富や昇進という形で増幅するでしょう。
会社やお店など金銭を生む場所に置くと、邪気を払い開運していく手助けをしてくれます。

シトリンはとにかく金運のパワーが充満した天然石です。
家の西側にシトリンの丸玉を飾ることをお勧めします。

金運アップのコツは、純粋に豊かさのイメージを石に伝えることでしょうか。
競争するのではなく、疑問を挟まず、富をイメージすることが肝心なようです。

・お子さんの「成長を育む」
シトリンはお子様の健やかな心身の成長を促し、正しくのびやかに進むサポートをします。
人間関係での邪魔や成績停滞など、困難を突破する前向きなパワーを黄色の光とともに発します。

黄色は人気者のオーラなので、お守りとして持たせてあげましょう。
明るく楽しい事柄が増え、活気ある日々を送れますように石も願っています。
リビングの太陽として置いたり、勉強机に置くのもいいですね。

・女性の「美を育む」
シトリンは、柑橘果実「シトロン」の色と似ていることから命名されました。
柑橘系の香りは食欲抑制効果があるとされていますが、シトリンも昔から痩身作用があるとされています。
シトリンには香りはないのに、なんという偶然でしょうか。
シトリンの対応チャクラは胸中腹にある第三チャクラ。
感情に働きかけ、胸腺の不調を整えるとされています。
感情が明るくなることで、溜まったストレスをデトックスすることからきているのかもしれません。

心の中の明るい場所を増幅するので、自信が生まれ、人間関係や恋愛にも良い流れができます。
元気になりたいなと願う時のヒーリングにはとても向いています。
落ち込む気持ちの溜まった場所に、シトリンをそっと当ててみましょう。
心と体のつなぎ目、つまり胸や中腹に感情の痛みを感じたら、シトリンの出番なのです。

シトリンは潜在能力を最大限に引き出し、正しい心身の成長と富という、
現世的な宝物をどんどん増やしてくれるパワーに優れています。
家族繁栄のために、一家に一つは持ちたいアイテムです。

黄水晶 モキマーブル
主要産出地 ブラジル、チリ、メキシコ、ベトナム等


最高級天然石で世界にひとつだけのブレスレット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク