セプタリアン

セプタリアン

「集合意識のコミュニケーション」であなたを再生するドラゴンストーン

セプタリアンは大いなる海・母体・生命の源に抱かれ、自身を再生する原石です。

火山活動で噴出し海へと流れ出た溶岩が、海に体積した微生物が混ざり込んだ泥と溶け合い、これが核になりタンブル状になりました。

やがて地層年代と共に海岸線の変化等によりこのタンブルが陸に上がった時に干上がってひび割れ状になったところに、貝がら等から溶け出た石灰成分が入り込み方解石化し、面白い模様(黄色=カルサイト、茶色=アラゴナイト)が形成されたのが、セプタリアンです。

亀甲石とも言われ、亀の甲羅のようにも見えます。また恐竜の卵・龍の卵(ドラゴンストーン)とも呼ばれ、地球の古代の叡智や大地を感じる原石です。

現代のような個々の感覚ではなく、遠い昔に人々が忘れ去った大事な機能「集合意識のコミュニケーション」が活性化され、一人ではない・・魂の家族や仲間と繋がっている感覚が蘇り、安心感の中であなたを本来の道へと再生させます。

別名 亀甲石、ドラゴンストーン
主要産出地 マダカスカル

最高級天然石で世界にひとつだけのブレスレット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク